クレジットカードに付帯でETCカードを作る時の注意点

多くの方がクレジットカードに付帯されているETCカードを利用している人と思います。ETCカードを使うことで高速料金が少しお得になり、さらに使えば使うほどそのクレジットカードに対応したポイント還元があるのでメリットは大きいものです。しかしなかにはクレジットカードは無料だけどETCカードは有料の場合や、年1回のETC利用で翌年無料などの条件付きで年会費無料などの場合もありカード会社によって様々です。年会費は無料でも、ETCカードの発行手数料がかかる場合もあるので注意が必要です。クレジットカードに何を求めるのかや、ETCの利用頻度など様々な事情を考慮して、一番お得な形でETCカードを持つことをおすすめします。

クレジットカードの更新

日頃様々な場面で便利に利用できるクレジットカードですが、意外と気になるのが更新の存在でしょう。別段生活に変化がなければ問題ないかもしれませんが、カードを契約したときと生活形態が変わってしまっていたり、延滞してしまったことがあるといった場合には少し不安になってしまうかもしれません。クレジットカードの更新はカード会社によっても様々でカードが届く時期もまちまちです。一ヶ月以上前に届くこともあれば一週間前に届くこともあるため、複数カードを所持している方はそれぞれのカード同士を比較しないほうが良いかもしれません。しかし有効期限が切れるまでにカードが届かないとなると審査に落ちてしまった可能性もあるため、確認をする必要があるでしょう。

カードの便利さに驚く日々です

私の勝手なイメージでクレジットカードというと、支払いを後に延ばして欲しいものを今、手に入れるためのものとおもっていましたが全く違うものでした。急に出張することになり、週末だったので会社の経理にも前借りできなくてしかも手持ちがないという状況でどうしようかと悩んでいたところ、即日で作ることができるクレジットカードがあると知り、契約しました。使ってみて思ったのは、カードのほうが決決済はもちろんのこと、お店での会計をする際に一瞬でできるので効率がよく、ポイントがついてそれを支払いなどに使うことができるという効率がよくて実用的な点が気に入りました。今では買い物をする際の支払いはカードで決済しています。この便利さにもっと前から気がついていればと思う日々です。

おすすめのクレジットカード

私は今まで、様々なクレジットカードに手を出してきましたが、現在、やっと一つのカードに落ち着きました。「JALカード」です。JALカードで溜めたマイル(マイルはポイントと同じ意味です)は、航空券と交換することが出来ます。今まで私がメインで使っていた楽天カードをはじめ、ほとんどのクレジットカードが1ポイント=1円かと思います。しかし、JALカードで溜めたマイルを使って旅行に行ったら、1ポイント=1円以上の価値が見込めるのです。私は夫と一緒に2か月前にJALカードを作りましたが、この2か月間、お買い物・公共料金の引き落としなど、生活にかかる全てのお金をJALカードで決済してきたところ、すでに夫婦二人合わせて6000マイルを溜めることが出来ました。6000マイルではまだどこにも旅行には行けませんが、2倍の12000マイルを達成出来たら、なんと東京から沖縄への往復の航空券1人分をゲットすることが出来るのです。たった4ヶ月で、沖縄に1人で行けちゃう。たったの8か月、普通に生活してJALカードで決済するだけで夫婦で沖縄に行くことが出来るのです。ちなみにマイレージカードは他にANAカードもありますが、JALカードの方が様々な会社と提携しているため、マイルが溜まりやすい傾向にあるようです。他のクレジットカードよりも絶対にお得なJALカード、とてもおすすめです。

クレジットカードで買い物の幅が広がる

個人的に、生活で一番欠かせないツールといえばクレジットカードです。クレジットカードを活用すると、現金を直接扱わずにショッピングすることが出来て非常に便利です。財布に今入っているお金を気にせず、クレジットカードがあれば欲しい物や買いたい製品も、手持ちのお金に縛られずに自由に買えて安心ですし、高額な買い物をする予定の日でもATMに立ち寄ってお金を下ろす手間や手数料も発生しませんし、ポイントもたくさん貯められたり分割払いも利用できる利点があります。私は以前高価なギターやデパートのコスメを買ったことがるのですが、一度にまとめて支払うのは少し厳しかったので、分割払いしました。クレジットカードがあると、高額な買い物であっても自分のペースで払えて便利ですし、手元にお金が無くてもマイペースに少額ずつ払えて買い物できたりもするので便利です。

家族で使ってポイントGET

現在三越伊勢丹で申し込んだAmerican Expressのクレジットカードを使用しています。このMIカードは三越伊勢丹グループでの買い物の他、日常のスーパーマーケットやドラッグストア、外食時等々どこでもポイントが貯まるため支払いの際はこのカードに集約しています。また嬉しいことにファミリーカードを使用した際もポイントが合算されるので、家族で効率的に1つのカードにポイントを貯めることができるようになりました。年間の使用額に応じて翌年度からポイント還元率も変化していくので、今後もますます楽にポイントが貯まりそうです。貯まったポイントでデパ地下のお惣菜やちょっとした買い物などをスピーディーに済ませることができるのでこれからも手放せそうにありません。

くじをクレジットカードで買う

サッカーくじのtotoBIGはコンビニなどでも買うことができますが、ネットで購入することもできます。当たりの確率は低いですが、一獲千金を夢見てつい買ってしまいます。ネットでクレジットカード購入をするようになってからは特にハードルが下がってしまったようで、ふと思い立った時に今買えば当たるのかも、と買う頻度が高くなってしまいました。たくさん買っても、たまに当たるのは末等だけです。結果をサイトで開く時はドキドキして、外れたら買ったことを少し後悔してしまいます。このお金でかわいい洋服買えたなとか思ってしまうのです。唯一の救いは、現金で買った時と違い宝くじを買った分だけクレジットカードのポイントがつくことです。当選金額に比べたらほんの僅かな価値しかないかもしれませんが、罪悪感はだいぶ軽減されます。

クレジットカードの年会費について

クレジットカード会員になると毎年一定の費用がかかる場合があります。これを年会費と言うのですが、どのくらいの額が必要になるのかはカードのグレードによって違います。またカードによっては年会費が全くかからなかったり、初年度だけ無料になったりするものもあります。そのためカードを選ぶ際、年会費を基準にする人も少なくありません。具体的に年会費はどのくらいかかるのかというと一般カードの場合、永年無料である場合も少なくありません。また初年度無料で次年度以降は1000円から2000円程度であるものも多いです。年会費がかかる場合、高くても数千円程度です。ゴールドカードになると年会費が少し高くなり、1万円から2万円程度です。さらにランクがあがりプラチナカードやブラックカードになると5万円から10万円以上になります。

ついつい使ってしまうリボルビング

ニコスカードを愛用しています。基本的にこれ1枚しか使いません。VISA付きですので、殆どの場所で仕えますし、便利です。以前は1万円を超えるようなある程度まとまった額でした使わなかったのですが、最近はスーパーなどでの小口の買い物にも使いようになりました。小銭をジャラジャラやってもたつくより、カードでさっと買い物した方がスマートです。基本的に1回払いで使いますが、最近はウェブで後から支払い方法を変更できるので、支払いがかさんでしまった月などは、後からリボルビング払いに変更します。その他、額の大きい買い物でも、ついついリボ払いにしてしまいます。リボは利息が高いのは分かってるんですが、便利さに負けてしまいます。それでもなんとかやりくり出来てますし、自分ではかなり上手にカードを使っている方だと思っています。

毎日クレジットカードを利用していく

クレジットカードで決済が可能なお店が増えてきているため、現在はガソリンやホテル、空港など所定のサービスだけで利用するのではなく、食品スーパーや書店やレンタルショップなど、生活に密着している何度も通うようなお店でも簡単にクレジットカードが利用できるようになりました。しかも、数千円の利用だとサインもいらずレジスターにスキャンするだけで簡単に決済が可能となっています。そうなってくると、小銭を持たなくてもある程度の買い物が可能となります。特に会社やプライベートのイベントがあり、手持ちの現金がどれだけ必要となるのか分からないような場合には、買い物の際にはクレジットカードを利用して、出来るだけ手持ちの現金を残しておく事が有効となります。