クレジットカードの有効な使い方

クレジットカードの有効な使い方を私は心がけています。特に2年前から単身赴任をしていますが家計簿がわりにクレジットカードを使うことを始めました。毎日の支払いをクレジットカードにまとめることで支払い履歴をクレジットカードの代わりにするわけです。公共料金や携帯電話の支払い、コンビニエンスストアの新聞やジュースといった簡単な支払いもクレジットカードでまとめるようにしています。数ヶ月もこの生活を続けていれば、一般的にどういったところにお金を使っているのかが一目瞭然で非常に便利です。実際に毎日家計簿をつけようと思うと非常に面倒ですがクレジットカードの支払い履歴でこれがチェックできれば何の問題もなく確認することができるようになります。

クレジットカードで私はこうやってポイントを貯めています

年会費は無料のカードを利用しています。ポイントを貯めるのに主婦はかなり有利ですね。食料品は、ほぼカードで購入しています。ネットで本や洋服もカードで買います。定期券購入もカードで。現金で買えそうなときもカードにしています。そうして、貯まったポイントですが、最近は電子書籍を購入するのによく利用しています。電子書籍は、よくクーポンで200円引きなどはざらにあります。そこに貯まったポイントを足すと、毎月読んでいる主婦雑誌などは無料で読めてしまいます。紙よりも電子の方がちょっと安かったりします。あとは、親戚にお歳暮を贈るときなどにポイントは活用しています。どうせ使うならポイントがつくようにした方がいいですね。ただ、私は公共料金までクレジット払いにするのは好きではないので、ここのポイントはもったいないと思っています。思い切って、ここもクレカ払いにすると、もっとポイントは増えると思います。

何だかんだでずっと利用しているクレジットカード

私が学生の時にマルイの店員におすすめされて何となく作った初めてのクレジットカードがエポスカードでした。当時はマルイの赤いカードという名称でしたが、何となくカードの解約が面倒で年会費が無料で何気に便利という事でかれこれ10年以上利用しています。昔に比べて今はエポスカードの恩恵を受ける機会が増えました。それは、マルイでは一年に4回程割引の優待があるのです。そのキャンペーン中のお買い物が全て10%割引なのでまとめ買いにお得なのです。マルイの通販でもカード利用で送料が半額なので、普通のネット通販の中ではかなり格安で利用出来ます。公共料金の決済もエポスを利用するとポイント還元がどんどん貯まるので、ずっと利用しています。

クレジットカードは後から支払方法を変えられて便利です

私は数年前から生活をしていて発生した支払の多くをクレジットカードで払っています。具体的には水道光熱費、インターネット関連の支払い、携帯電話代などです。他にも食料品や雑貨など、可能なものは殆どクレジットカードで支払用にしています。そうすることで支払いが一本化されてお金の管理が楽なのです。クレジットカードで払うことによって感じたメリットの一つに、後から支払方法を変えることが出来る点があります。最初に支払方法を一括にしていても、後から分割にしたい場合はありますよね。私が利用しているクレジットカードでは、WEBのサイトから支払方法を分割やリボ払いに変更することが可能なのです。私は支払日の前にお金が足りなくなった場合などは、分割払いに変更することが多いのです。